< Back

読み
たいしんせい
意味
建物が地震のエネルギーをどれだけ吸収できるかという能力のことをいう。「耐震性能」とも呼ばれる。建物の構造躯体の強度を示す指標の1つで、柱や梁の強さや粘り、耐力壁の量とバランスなどが影響する。また建物の耐震性の目安となる、住宅性能表示制度で定められた基準は「耐震等級1」であり、具体的には、数百年に1度発生する地震で倒壊せず、数十年に1度発生する地震で損傷しない程度とされている。
集合住宅の短所を長所に変えて売却する方法について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行