< Back

読み
たいようねんすう
意味
減価償却資産が利用に耐える年数のことをいう。長期に渡り反復使用に耐える経済的に価値があるものの使用、または所有の価値の減価を、各年度に費用配分していく場合の計算の基礎になる。日本の税法は、固定資産の種類別に耐用年数を規定しており、これを「法定耐用年数」という。近年は、技術革新の進展に応じて、機械設備の耐用年数が減少傾向にある。
アパートやマンションの売却時に、なるべく高値で売るコツは?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行