< Back

読み
せつぜい
意味
法律の想定する範囲で、税負担を減少させる行為のことをいう。偽りその他不正な行為、すなわち犯罪的手法をもって納税を逃れる「脱税」、脱税ではないものの、法律の想定外の異常な形式を利用して税負担を減少させる「租税回避」とは区別される。不動産においては、所得税や住民税、相続税などに関する節税が頻繁に行われている。
不動産投資が多くの方に選ばれている理由とは何か?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行