< Back

読み
だいいっしゅていそうじゅうきょせんようちいき
意味
都市計画で定められた用途地域の1つ。良好な住環境を保護するために、10mまたは12mの「絶対高さ制限」や、敷地境界から建物の外壁までの距離を1mまたは1.5m離す「外壁の後退距離制限」などが定められている。したがって、第一種低層住居専用地域では、主に1~2階建ての低層住宅がゆったり建ち並ぶような、住宅街が形成されるケースが多い。
高値が付きやすい不動産の特徴について解説します!

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行