< Back

読み
ぜいりつ
意味
税額を算出するため、課税標準に対して適用される比率のことをいう。課税標準が数量をもって定められる場合は、課税標準につき単位あたり一定の金額で示され、金額あるいは価額によって定められている場合は、百分比で示されることが多い。百分比の定め方には、金額などに比例して定められる「比例税率」、累進的に定められる「累進税率」などがある。
土地に関わる税金や経費にはどのようなものがある?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行