< Back

読み
とくべつほうしき
意味
遺言の方式の1つ。通常、遺言は普通方式のいずれかで作成するものであるが、死が迫っている場合や普通遺言ができない場所にいる場合は、特別方式を用いる。死が目前に迫った際に行う「危急時遺言(臨時遺言)」、一般社会から離れた場所で行う「隔絶地遺言」が特別方式に該当し、それぞれさらに2種類ずつに細分化される。
相続時のトラブルを避けるために!遺言について知っておこう

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行