< Back

読み
げんかしょうきゃく
意味
企業の会計において、長期間使用される資産を費用化する手法のことをいう。建物、機器、設備などの固定資産は経年に伴って価値を減少させるため、その目減り分を経費として計上する手法である。減価償却費の多い企業は設備投資に積極的であることが判断でき、減価償却の方法には、固定資産の耐用年数の期間中、毎期同じ額を償却する「定額法」、固定資産の導入当初に大きな額を償却し、年償却額が小さくなる「定率法」がある。
収益物件の売却時期に関する勘違いについて解説します!

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行