< Back

読み
げんかしょうきゃくひ
意味
時間の経過や使用によって価値が減少していく固定資産を取得した際に、その耐用年数に応じて計上していく購入費用のことをいう。不動産の場合、建物部分が固定資産に該当する。一方、時間の経過や使用によって価値が減少しない土地部分などは、固定資産つまり減価償却資産には含まれない。年間の減価償却費は、定額法もしくは定率法で計算する。
土地を等価交換することで発生する3つのデメリット

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行