< Back

読み
しょうひぜいかんいかぜいせいどせんたくとどけでしょ
意味
簡易課税制度を選択しようとする事業者が、手続きの際に提出する届出書のことをいう。適用を受けようとする課税期間の初日の前日(事業を開始した日の属する課税期間である場合には、その課税期間)に提出するものである。ただし、調整対象固定資産や高額特定資産の仕入れ等をした場合には、この届出書を提出できない場合がある。
不動産売却における“簡易課税”の利点や欠点、利用方法

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行