< Back

読み
きゅうはい
意味
時間の経過によって、建物の社会的経済価値がなくなることをいう。具体的には、手で押して倒壊するくらいが、朽廃の目安とも呼ばれる。したがって、人が解体することはもちろん、火災や台風、地震等で倒壊した場合は朽廃には当たらない。旧法には、建物が朽廃したと判断されたときに、借地契約が終了するという規定が存在する。
借地権がなくなってしまう?建物の“朽廃”って何?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行