< Back

読み
ふつうしょうぎょう・へいようじゅうたくちく
意味
相続税評価における、地区区分の1つ。普通商業地区とは、商業地域もしくは近隣商業施設にあって、または第1種住居地域、第2種住居地域及び準住居地域もしくは準工業地域内の幹線道路沿いにあって、中高層の店舗、事務所等が連続する地区のことをいい、併用住宅地区とは、上記の地域にあって、住宅が混在する小規模の店舗、事務所等の低層利用の建物が多い地区のことをいう。
あまりに広い土地は価値が下がる?その理由と対策について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行