< Back

読み
ふつうじゅうたくちく
意味
相続税評価における、地区区分の1つ。主として、第1種低層住居専用地域及び第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域及び第2種中高層住居専用地域、第1種住居地域、第2種住居地域及び準住居地域または準工業地域内にあって、主として居住用建物が連続している地区のことをいう。路線価図の図形の表示はない。
あまりに広い土地は価値が下がる?その理由と対策について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行