< Back

読み
にちえいきせい
意味
冬至の日を基準にして、一定時間以上の日影が生じないよう、建物の高さを制限するもの。具体的には、住居系用途地域と準工業地域、近隣商業地域において、高さが10mを超える建物(第一種および第二種低層住居専用地域では軒高7m超または地上3階建以上)が対象となる。幅広い用途地域で中高層建築物が建築されるようになり、日照阻害の問題が顕在化したことなどから導入された。
建物を建てる時には要注意!どんな規制や制限がある?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行