< Back

読み
ようへき
意味
土木工事において、盛り土や切土における斜面の土砂が崩れるのを防ぐために設ける、土留め構造物のことをいう。土地の圧力、上に載る荷重、地震力、地盤の支持力、擁壁の自重などを条件とし、擁壁全体が転倒したり、滑り出したりしないように設計する必要がある。「石積み・ブロック積み擁壁」、「重力式擁壁」などの種類がある。
借地権に関するさまざまな質問にQ&A方式で回答します

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行