< Back

読み
ふりかえのうぜい
意味
納税者名義の預貯金口座からの口座引落しにより、国税を納付する手続のことをいう。利用にあたっては、事前に税務署および希望する預貯金口座の金融機関に対して、専用の依頼書を提出する必要がある。利用可能な税金の種類には、申告所得税および復興特別所得税、消費税および地方消費税が挙げられる。利用可能額、利用可能時間に制限はない。
【不動産売却】翌年支払う税金とすぐ支払う税金について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行