< Back

読み
もちぶん
意味
1つの物の所有権を複数の者が持っていることを「共有」と言い、各共有者が持つ所有権の割合を持分という。持分は共有者の意思表示または法律の規定で決定されるが、不明確な場合、各共有者の持分は相応しいものと推定される。例えば、3人の相続人が1つの土地を相続したとき、遺産分割をする前の時点では、各相続人の持分は1/3となる。
不動産の持分におけるさまざまな変更手続きについて

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行