< Back

読み
ていとうけんせっていとうき
意味
登記の態様の1つ。当事者の設定行為による、抵当権の発生の登記をすることをいう。不動産取引において抵当権の設定がされるのは、ローンを借り入れて不動産を取得する際に、債務者が金融機関(債権者)と抵当権設定契約を交わす場合であり、このとき行われる抵当権設定登記には、日付や原因、借入額や利息、損害金、債務者、債権者などが記載される。
登記費用を安くするために、登記を自分で行うことは可能?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行