< Back

読み
ていとうけんまっしょうとうき
意味
金融機関から融資を受ける際に、不動産を担保に設定された抵当権を不動産登記簿から抹消することをいう。住宅ローン完済時に行う手続きで、司法書士に依頼するか、自身で書類作成の上、管轄の法務局にて抹消手続きをすることになる。抵当権抹消登記を行う場合、1つの不動産(ただし土地部分と建物部分は個別にカウントされる)につき1,000円の登録免許税が課税される。
底地(貸宅地)における借地権と抵当権の関係について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行