< Back

読み
しょゆうけんこうせいとうき
意味
所有権についての登記の一部が、当初から実体と食い違っていた場合に、その登記を実体に合致されるために行う登記のことをいう。誤って登記してしまったものを正しく直す登記であるため、登記の原因は「錯誤」となる。共有名義で登記すべきところを単独名義で登記したり、単独名義で登記すべきところを共有名義で登記したりしてしまったときに行われることが多い。
不動産の持分におけるさまざまな変更手続きについて

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行
Previous 所有権保存登記
Next 所有権移転登記
Table of Contents