< Back

読み
べんさい
意味
債権者が、債務の本旨に従って給付を行い、これによって債権が消滅することをいう。債務者から弁済の提供があれば、債権者の方で協力しないために弁済が完了しなくとも、債務者は債務不履行の責任を負わない。また債権者以外の第三者が行っても、原則として有効とされ、代理人、取立受任者など、債権者以外の受領権限を持つ第三者に行うこともできる。
不動産を共有する人が亡くなったときの持分相続について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行