< Back

読み
べんさいきょうたく
意味
弁済者(債務者またはこれに代わって弁済をすることができる者)が債権者のために弁済の目的物を供託することによって、債務を免れるための制度のことをいう。弁済供託をすることができる場合には、債務者が弁済の受領を拒むとき、または受領できないとき、弁済者が過失なく債権者を確知することができないときが挙げられる。
手付金の供託はなぜ重要なのか

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行