< Back

読み
けんちくきじゅんほう
意味
建物を建築する上で、もっとも基本となる法律のことをいう。国民の生命、健康および財産の保護を目的に、1950年に制定された法律であり、適用範囲には建築物、建築物の敷地、構造、設備、用途が挙げられる。また、着工前の建築確認や工事中の中間検査、工事完成後の完了検査、違法建築の是正勧告などについても定められている。
レオパレス問題に関して解説します

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行