< Back

読み
ねんぐ
意味
日本史上の租税の一形態。田畑の耕作者が領主に毎年納入する貢租のことをいい、普通、米、麦、大豆などの生産物を納めたが、平安末期に始まり、鎌倉時代中期以降次第に銭納が多くなった。江戸時代には、田は米納が原則で、畑は銭納も認められた。明治以降、明治政府による土地、租税制度の改革である地租改正によって廃止された。
勘違いしやすい、住居表示番号と地番の違いは?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行