< Back

読み
りこうのちゃくしゅ
意味
客観的に認識し得るような形で、履行行為の一部を行った場合や、契約履行の前提として必要な行為をした場合を、履行の着手という。例えば売主における履行の着手には、売主が買主の希望に応じて建築材料の発注をしたり、建築に着工したりする場合などが該当し、買主における履行の着手には、買主が中間金の支払いを行った場合などが該当する。
手付金と内金の違いを知っていますか?返還請求はできるの?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行