< Back

読み
がっこうようち
意味
土地における地目の1つ。不動産登記事務取扱手続準則によると、校舎、附属施設の敷地及び運動場と定義されている。つまり学校の校舎や運動場、体育館や図書館などの付属施設の敷地は、すべて学校用地として取り扱われることになる。ただ学校の附属施設でも、学校から離れた場所にある附属の農場などは、その利用状況により地目を定めるものとされている。
底地と更地の違いとは?~知っているようで知らない不動産用語を学ぼう~

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行