< Back

読み
ぞうぜい
意味
税率を上げるなどして、税額を増すことをいう。地価の計算に用いる場合がある公租公課は、固定資産税額と都市計画税額を合計したものであり、基準となるこれらの税額が上がった場合、地主の税負担が増えるため、増税は底地(貸宅地)の地代を増額するタイミングの1つとされる。ただ、消費税や所得税などの増税は、直接地代とは関係ない。
地代が上がるポイントは大きく2つ有る

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行