< Back

読み
きょうかいせんかくていそくりょう
意味
隣地所有者の立ち会いおよび確認や、官公署の図面を基に、土地の境界をすべて確定させる測量のことをいう。土地分筆登記や土地地積更生登記を行う場合は、申請を行う土地について、境界線確定測量により境界が確定していることが必要である。これに対し、あくまでも必要な場所について、現在の土地の状況をそのまま反映させただけの測量を「現況測量」という。
不動産売却時にやっておくべき“境界線確定測量”について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行