< Back

読み
しっこうきょうたく
意味
民事執行手続きにおいて、執行機関または当事者が執行の目的物を供託することをいう。民事執行手続きおいて、配当を受けるべき債権者の債権が停止条件付であるなど一定の場合に、裁判所書記官は直ちに配当をすることができず、配当額を供託しなければならない「配当留保供託」や、配当を受けるべき債権者が配当受領のために裁判所に出頭しなかった場合に、裁判所書記官は配当を供託しなければならない「不出頭供託」などがある。
手付金の供託はなぜ重要なのか

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行