< Back

読み
とちかおくちょうさし
意味
不動産の表示に関する登記の専門家のことをいう。他人の依頼を受けて、土地や建物の所在、形状、利用状況などを調査して、図面の作成や不動産の表示などに関する登記の申請手続きなどを行う。土地家屋調査士法となる資格を得るには、法務省の職員として登記事務に関わった経験を基に、法務大臣の認定を受けるか、法務省が実施する土地家屋調査士試験に合格する必要がある。
不動産売却時にやっておくべき“境界線確定測量”について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行