< Back

読み
とちくかくせいりくみあい
意味
7人以上の土地所有者や借地権者が組合員となる、土地区画整理事業の事業主体となる組合のことをいう。区域内の宅地所有者と借地権者のそれぞれ2/3以上が事業計画に同意しなければ、設立することができない。組合は、所有者から提供してもらった土地に道路、公園などの公共施設用地などを整備して、宅地の利用価値を高める。
土地区画整備の際に使用される、底地や従前地という言葉の意味とは?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行