< Back

読み
こていかかくかいとりせいど
意味
エネルギーの買い取り価格を法律で定める方式の助成制度のことをいう。地球温暖化への対策やエネルギー源の確保、環境汚染への対処などの一環として、主に再生可能エネルギーの普及拡大と価格低減の目的で用いられる。世界50ヶ国以上で用いられている一般的な手法であるが、買い取り価格の設定次第で過大な設置や利用家庭の負担が増大する危険性がある。
土地活用として太陽光発電はどうなのか考えてみよう

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行