< Back

読み
そうほうだいり
意味
同一人物が、契約当事者双方のそれぞれの代理人となり、代理行為をすることをいう。双方代理は原則として禁止されているが、これに反した代理行為が無効となるわけではなく、無権代理(他人の行為の効果が本人に帰属する)として扱われ、当事者本人が追認すれば有効となる。なお、不動産の売買、賃貸借の契約を媒介する行為は、双方代理とはならない。
不動産売買においてタブーとされている“双方代理”について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行