< Back

読み
げんかほう
意味
鑑定評価手法の1つで、不動産の再調達原価をもとに、対象不動産の試算価格を求める方法である。この方法では、価格時点において、新しく建築または造成を行って再調達する場合の原価を求め、これに減価修正を行って試算価格を求める。例えば建物の場合、同じ住宅を同じ場所に建てた場合の費用を調べ、新築後の経過による価値の低下を減額し、対象不動産の価値を推定する。
底地を整理する時に備えて、適正な評価額を知っておこう!

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行