< Back

読み
うちきん
意味
売買代金の一部として、前払いされる金銭のことをいう。「内入れ金」とも呼ばれる。抵当権の抹消を売主に促す場合などに支払われる。また、不動産の引渡し前に支払われる「中間金」も内金に当たる。手付金のような法律的効果はないが、実際は、契約時に支払った金銭が手付と区別できない場合も少なくない。金額は売買代金の20~50%程度である。
手付金と内金の違いを知っていますか?返還請求はできるの?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行