< Back

読み
きょうゆうしゃ
意味
所有権等のある一定の権利が、複数の主体によって支配、利用されている状態のことを「共有」といい、共有関係にある者のことを共有者という。ちなみに、所有権以外の財産権の共有に関しては、「準共有」と呼ばれる。各共有者は持分に応じて、共有物の全部を使用できる。また、共有物の保存行為は、全員の意見が一致することで可能になる。
共有不動産に関する揉め事をパターン別に解説します!

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行