< Back

読み
こうそこうかばいりつほう
意味
不動産鑑定評価等において、不動産の賃料(地代)を求める手法の1つ。地代の水準と公租公課の間には相関関係があるという考えのもと、公租公課に2倍ないし3倍程度の倍率をかけて算出した金額を賃料とする手法である。理論的というよりかは、公租公課が明確であれば簡単に計算できることから、実務上よく用いられる手法である。
地代の算出方法と土地の利用方法によって異なる相場

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行