< Back

読み
にゅうさつほしょうきん
意味
不動産競売に参加し入札する者が、一時的に納める必要がある保証金のことをいう。契約をより確実なものとすることを目的に納められるものであり、落札できなかった場合は入札者に返還される。ただ落札したにも関わらず契約を締結しない場合、この入札保証金は国庫に帰属する。金額は、原則入札者が見積もる金額の5/100以上と定められている。
供託金は2割必要?不動産競売に参加する際の供託金について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行