< Back

読み
いりあいけん
意味
村落共同体等が、一定の主として山林原野において土地を総有するなどし、伐木、採草、キノコ狩りなどの共同利用を行う慣習的な物権のことをいう。入会権が設定された土地のことを「入会地」といい、入会権を持つ村落共同体を「入会団体」とう。判例は、入会団体の所有形態を「権利能力なき社団」と同じ総有であるとしている。
相続税の支払いに困った!果たして物納は認められる?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行