< Back

読み
さいむ
意味
ある者が他の者に対して一定の行為をすること、またはしないことを内容とする義務のことをいう。義務を負う者を「債務者」、権利を有するものを「債権者」という。日常用語としては、「借金」と同意に用いられることが多い。また、数人の債務者が、同一の内容の債務について、独立して全責任を負う債務のことを「連帯債務」という。
不動産を相続する際に起こりやすい揉め事と対処法について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行