< Back

読み
さいむこうじょがく
意味
相続税は、被相続人の財産に一定の税率を乗じて相続税額を計算するが、この財産の中に借入金や未払金などの負債があった場合には、その負債を財産から差し引くことができる。これを「債務控除」といい、このとき控除される金額のことを債務控除額という。債務控除の対象となる債務には、金融機関等からの借入金、個人などからの借入金、亡くなった後に支払う公租公課などが挙げられる。
売主必見!相続税の “取得費加算”について解説します!

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行