< Back

読み
ていしじょうけんつきけいやく
意味
一定の事実の発生によって、効力が生じる契約のことをいう。例えば、借地権の土地売買契約において、売買にあたり地主の承諾を要する場合などがこれに該当する。停止条件付の借地権売買では、契約行為について地主の承諾を得ることが条件となり、その条件が成就したときに、土地売買契約も契約締結の日にさかのぼって効力が発生する。
不動産売却の契約方法の1つ、“停止条件付契約”について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行