< Back

読み
しゃくやけんわりあい・しゃっかけんわりあい
意味
所有家屋を貸している場合の、通常の家屋の評価額に対する貸家の評価額(借家権部分)の割合のことをいう。これは、国税局長の定める割合によって決まるが、現在全国のほんどの地域が30%となっている。一般に、アパートや店舗などの貸家に供されている建物については、借家人の権利が付着しているため、通常の家屋の評価額から、借家権部分を控除した額が貸家の評価額となる。
地代と家賃はどう違うのか?その違いを解説します!

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行