< Back

読み
しゃくちけんわりあい
意味
土地に占める借地権の割合のことをいう。土地の所在ごとに、毎年国税庁によって発表されるものであり、その割合は30~90%の間で決定される。借地権割合が高い方が、利用価値が高い土地であると言える。借地権割合が空欄で定められていない地方の町や村などについては、借地権の取引慣行がない地域であるため、借地権割合は0となる。
底地(貸宅地)と借地権の交換、借地権の特定部分の売却の事例

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行