< Back

読み
ほしょうきょうたく
意味
相手方に損害を生ずる可能性のあるとき、その損害賠償を担保するために行われる供託のことをいう。裁判上の保証供託は、訴えの提起、強制執行の停止もしくは続行、仮差押え、仮処分の執行または取消など、当事者の訴訟行為や裁判上の処分により、相手方に生ずる損害を担保するための供託であり、税法上の保証供託とは、国が後の税の納付を確保するために、担保を提供させるものをいう。
手付金の供託はなぜ重要なのか

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行