< Back

読み
ほりゅうち
意味
土地区画整理事業を実施した際、事業主体が取得する宅地のことをいう。土地区画整理事業の施工費用の全てまたは一部に充てるため、事業計画の定めるところにより、一定の土地を換地と定めずに保留地として定めることができる。事業主体は、将来的に保留地を一般人に売却し、それによって得た利益を事業費用に充てるケースが多い。
土地区画整備の際に使用される、底地や従前地という言葉の意味とは?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行