< Back

読み
かりかんち
意味
土地区画整理事業中に、対象地域の宅地の所有者などが仮に使用できる土地のことをいう。ちなみに事業の施行者が、土地区画整理事業を効率的に行うことを目的に仮換地を指定することを「仮換地の指定処分」という。仮換地となった宅地は、将来そのまま正式に換地されるのが原則である。正式な換地までは、以前の土地と同じ権利に基づいて仮換地を使用できる。
土地区画整備の際に使用される、底地や従前地という言葉の意味とは?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行