< Back

読み
だいりにん
意味
自分以外の利益のために、何らかの行為を変わって行う者のことをいう。「代行者」、「代弁者」とも呼ばれる。代理人の権限は、本人から与えられた範囲に限定される。また代理人は、本人から与えられた権限内の行為の全部または一部を、他の者を選任して行うことができる。このとき、代理人から選任された他の者を「復代理人」という。
不動産売買においてタブーとされている“双方代理”について

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行