< Back

読み
いちぶつよんか
意味
土地を評価したり、価値を指標化したりする際の4つの価格のことをいう。実際に市場で売買される取引価格における過去の実績の平均的な金額である「実勢価格」、国土交通省によって算定される土地の価格である「公示価格」、国税庁が算定する「相続税評価額」、固定資産税を徴収するために固定資産税の算定の基礎となる土地価格を評価したものである「固定資産税評価額」の4つ。
不動産相続の際に知っておきたい基本的な知識とは?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行