< Back

読み
すらいどほう
意味
不動産の継続賃料を求める手法の1つ。現行賃料を定めた時点における純賃料に変動率を乗じて得た額に、価格時点における必要諸経費を加算して、対象不動産の賃料を求める方法である。簡便であり、客観的な指数を使うことで、貸主、借主のいずれの立場にも説得力を得やすい手法と言える。不動産鑑定評価基準においては、1990年の改正で正式に採用された。
納得のいく地代を設定するには…?

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行