< Back

読み
みなししいれりつ
意味
課税売上げ等にかかる消費税を計算するための簡易的な制度のことを「簡易課税制度」といい、当制度における計算に用いられる一定割合のことをみなし仕入れ率という。売上を卸売業、小売業、製造業等、サービス業等、不動産業、その他の事業の6つに区分し、それぞれの区分ごとに定められたみなし仕入れ率を適用して消費税を計算する。
不動産売却における“簡易課税”の利点や欠点、利用方法

キーワードから用語を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら・わ行